引き分けの試合の扱いに注意

賭け金

ブックメーカーを利用するときに、覚えておきたいことのひとつに引き分けとなった試合の扱いがあります。勝敗を予想するものだけに、どちらのチームも勝ちも負けもしなかったとなったときには、賭け方の種類やブックメーカーによって扱いが変わってくるだけに注意が必要です。

基本的なものとしてはドローノーベットがあり、これは勝敗がつかなかったときには賭けが成立しないので、賭けていないことになる、つまり返金をされることになります。この場合には負けていないのにハズレ扱いになって、腑に落ちないということにならないため、白黒はっきりしたい人は安心して賭けることができる仕組みと言えるでしょう。

もう一つパターンは特に注意が必要で、引き分けも含めた試合予想をする場合には、勝敗が決まらなかった場合、どちらかのチームの勝利に賭けているとハズレになってしまいます。これはドローを含めた試合結果を完全に予想する方式となっているので、どちらかのチームの勝利に賭けていて勝敗がつかなかったのであればハズレということになってしまうわけです。
理不尽なように感じるかもしれませんが、予想が難しくなる分だけオッズが高めに設定されるので必ずしも利用者に不利なわけではありません。

ブックメーカーを利用するようになれば、すぐに仕組みを理解することができる簡単な部分ではありますが、最初のうちは知らずに損をしてしまいやすいポイントでもあるのでよく覚えておくようにしましょう。